2012/09/05
から ゴルフ 掘プロ

勢い。

image.jpg

夜明けと共に目覚め一杯の生卵ドリンクを飲んだらすぐさまトレーニングを開始する。

終われば、ゴルフクラブを握り時間の許すかぎりボールをひたすら打ち続ける。

そんなハングリーな生活を毎日行いようやく試合で通用できるショット、自分の満足の得られるゴルフができるようになるかもしれない。

僕の日体大ゴルフ部の後輩の嶋田君(上の写真)もプロの世界に必ず入ってくる1人でしょう。