2013/07/31
から フロント今井

八咫烏

こんにちはフロント今井です。蒸し暑いですね。

先日、和歌山県の熊野やら奈良の橿原やらに旅行に行ってきました。(橿原の話はまた今度)

熊野では、ちょうど一年前に世界的クライマーが畏れ多くもよじ登って、とっ捕まった「那智の滝」を見たり、かつて皇族方が多数歩いた世界遺産、「熊野古道」をごく僅かに歩いたりしました。

DSC_0033

この写真は熊野古道の一つ、中辺路をごく僅かに歩いた時に到達した「牛馬童子像」です。山中に急にぽつんと現れて、とても不思議な空間を感じました。(ウィキペディアに同じような写真がありますが、コピペじゃないですよ。ちゃんと行って撮ってきました!)

ちなみにウィキペディアによると数年前に頭部が壊されて無くなり、市内のバス停に落ちていたそうです。とんでもない馬鹿が世の中にはいるものです。(那智の滝に登ったやつもそうですが) それも世界遺産に登録されて有名になったことによる負の影響なのでしょうか。

その熊野で、サッカーファンまたは、古代史ファンにはおなじみの八咫烏(やたがらす)ちゃん達に数多く会ってきました。

DSC_0019 DSC_0026

左は熊野那智大社、右は熊野本宮大社で郵便ポストとして利用できるようです。

夏休み中のちびっ子たちのために解説すると、「八咫烏」とはむかしむかし、後に初代天皇の神武天皇になるカムヤマトイハレビコノミコトを熊野から大和(奈良県)まで道案内したという、3本足のカラスです。古事記や日本書紀に登場します。

なぜサッカーファンにおなじみかというと、日本サッカー協会(JFA)のエンブレムに八咫烏がデザインされているのです。

JFA

もちろん代表のユニホームにも入っていますね。

kakitani

サッカーファンでも古代史ファンでもある自分はようやく御神鳥、八咫烏のふるさとに行くことができて感無量でした。なぜサッカー協会のマークになったのかは、よく分かりませんが(笑)

ちなみにジップのマークは、

sports_zone_zip

ですね。このマークには深くて面白い謎があるので良い子のみんなは、何でも知ってるフロントの川田さんか、なぞなぞランドの平山コーチに聞いてみよう!(笑)

2013/07/29
から 河野コーチ

魁!夏合宿。

NCM_0132.JPG IMG_7621.jpg IMG_9884.jpg

こんばんわ!
河野です。

今日はジュニアキャンプで白子に来ています。

1日目は11時過ぎに白子に到着し、まさかの雨模様…
しかし雨に臆する事もなく練習をしました。
途中で雨が強くなり、インドアコートへ移動して練習しました。

汗をかいた体を温泉で洗い流し、夜には清水講師によるテニス勉強会を行いました。

その後浜辺へ移動して待ちに待った花火大会!

あいにくの悪天候の中、無事1日目が終了しました。

明日は早朝練習から試合まで行う予定です。
晴れて気持ち良くテニスが出来るのを祈るばかりの河野でした。

2013/07/27
から 磯田コーチ

是非♪

P2013_0721_210449.JPG

こんばんは。磯田です。
毎日蒸し暑いですね。
しかしアウトドアでテニスをするときは34度あるとしんどく感じるのですが30度だとなんだか快適なんです。
もう考え方がおかしいですよね。。熱中症には十分気を付けましょう。

ここで本題です。
写真は8月13日(火)開催の田村伸也プロ特別レッスンのお知らせです。

田村プロとは小学生の時に合宿で毎年お世話になっていました。かなり昔の話ですが今でも覚えています。一度受けたら忘れられないレッスンになるはずです。

プロというとなんだか近寄りがたい存在ですが田村プロは近くに感じられて大変フレンドリーな方です。もちろんテニスの戦績は雲の上ですがきっと楽しめると思います。特にダブルスのレッスンが好評で全国各地に田村プロのファンがいます。
僕は新潟のジャンボというテニススクールに通っていたのですが田村プロのレッスンは毎年開催していました。その日は新潟ってこんなに人がいたのかーって思うくらいたくさんの方で賑わっています。
新潟の人が見たら怒っちゃいますね。すいません。

家にある僕の小学生時代の写真を探せば田村プロと写っているのがあるはずなのであったら持ってきます。持ってきたところで意味があるかわかりませんが。。
詳細は館内に掲示してありますので検討よろしくお願い致します。

田村プロの事を知らない方が多いと思いますがこの夏で何か新しいヒントを得たい方是非!

当日は田村プロと研郎コーチ、ボンコーチ、磯田でみなさんをお待ちしております!
熱くいきます!

2013/07/26
から 成瀬フロント 松田

最近驚いたこと

①いざという時の日本人行動

007

先日ニュースでも紹介されましたのでご存じの方も多いと思います。 電車とホームの間に落ちてしまった女性を救出するために みんなで電車を押している写真です。 このニュースは世界各国でも報道され、大きな反響を呼んでいるとのこと。 誇らしいですね。

 

②ピンク色のクラウンを限定販売

006

買おうと思って買えるものでもないですが。なんといいますか、クラウンのイメージを覆す奇抜さがありますね。トヨタもそれを狙ってのことだと思いますが。

 

③脳波パスワード開発順調

004

次世代生体認証システムとして、人の脳波をパスワードとするシステムの開発が進んでいるとのこと。脳波はたとえ同じものをイメージしても個人によって異なるそうです。 ちなみに認証方法は、ヘッドセットを付けて「10秒ほど集中してイメージする」とのこと。超能力チックな展開ですね。

④平野コーチの日焼け

顔には日焼け止めを欠かさない平野コーチですが、それ以外は日焼けしていました。今度見かけたら腕をまくってみてもらってください。元が色白なのでわかりやすいですよ。

 

成瀬フロント 松田

2013/07/25
から 研郎コーチ

チームZIP 夏の陣

皆さん、こんにちは。
研郎です!

7/19(金)~7/23(火)の日程で千葉県長生郡白子町へ関東ジュニア遠征&チームZIP夏合宿に行って参りました。

1

関東ジュニアとは関東地区1都7県(山梨県を含む)U12~U18の各代表選手が集結し、全日本ジュニアの出場権を賭けて戦うテニストーナメントです。今年のチームZIPからはU18男子ダブルスに伊東和輝がU18女子ダブルスに長野あさか・石橋愛子ペアがU12男子シングルスとダブルスに竹内悠大が出場致しました。補欠としてU18男子シングルスの山中麟太郎とU12女子シングルスの大橋麗美華も一緒に出発しましたが、残念ながら出場は叶いませんでした。

試合の方は各選手とも自分の力を懸命に出し頑張りましたが、U18男子ダブルスの伊東和輝と女子ダブルスの長野あさか・石橋愛子ペアは初戦でファイナルセットに縺れる長い試合を落として敗退、竹内悠大はシングルスでベスト16・ダブルスでベスト8と健闘しましたが全日本ジュニアの出場権を確定する事は出来ませんでした(場合によって補欠)。

2

今年の白子は例年に無く涼しかったものの熱戦が多く、チームZIPとして全日本ジュニア出場権を獲得出来なかった悔しさは残りますが、今年の経験を来年に活かしてコーチ・選手共に成長して来年に繋げたいと思います!

3

さて、合宿の方は例年以上に多い人数の小2~中3迄の約30名の選手と樋尾コーチ・前田(朋)コーチ・三井コーチ・前田(義明)コーチ・奥本コーチ・研郎の引率で4日間を共に過ごしました。主なスケジュールとして、6時~早朝海辺ランニング・8時~12時練習&対抗戦・13時~18時練習&対抗戦・20時~ミーティング・21時30分消灯。普段とは違う環境でほぼ4日間テニス漬けの毎日は子供達にとって新鮮で今後に繋がる有意義な合宿が実施出来たと思います。合宿に参加した選手から1人でも多く来年は関東ジュニアに出場し全国大会へと繋がって欲しいと思います。

4

又、来週7/29(月)~30(火)の日程で主にインドア・JTの子を対象としたテニスキャンプが河野コーチ・林コーチ・清水コーチ・川畑コーチの引率で白子で開催予定です。こちらも有意義な合宿となるべく頑張って来て欲しいと思います!!

それでは、皆さん Have a nice day!!

2013/07/22
から ゴルフ 村井プロ

カブトムシ。

CA3F0615.jpg

こんにちは村井です。
この時期ゴルフアリーナには毎日と言っていいほどカブトムシが飛んできます。
照明に集まったきたのが、朝ネットに引っかかっていて、それをメンテナンススタッフの方が捕獲して飼育しています。今のところオスが7匹、メスが2匹です。
いつもメスが多いですが今年はオスが多いようです。

2013/07/21
から フロント川田

得意なものは伸ばして、不得意なものは克服しましょう。出来るんだったら。

最近、妻がハムスターのケージに手を入れると、手のひらから腕をよじ登り肩に乗るようになりました。
そんな妻がムツゴロウさんからナウシカに見えてきました。
先日、ハムスターが妻の指を噛んだのはきっと怯えていただけなんですね。
そのうち妻が現在の地球汚染、自然破壊を食い止めてくれるでしょう。

こんにちは、フロントの川田です。

昨日また産能大学OBバンドの吹奏楽練習に行ってきました。
6月の吹奏楽フェスティバルにエキストラとして呼ばれ、そのまま定期演奏会まで乗る運びに。
曲数も多くなるし、難易度も上がる。
こりゃ大変だってことで挑んだ練習ですが、当然要求されることも多くなる。

PicsArt_1374367150161

先日、マーチングとの違いを述べましたが、それ以外に根本的な違いがありました。
マーチングと吹奏楽では吹き方が違うのです。
発音とか息のスピードとか。

あまり具体的に書くと専門的になってしまうので、テニスに例えてみると「軟式テニス」と「硬式テニス」、「シングルス」と「ダブルス」、「インドア」と「アウトドア」みたいなもんです。

PicsArt_1374366859459ブランクがあるとは言え、過去に偏った練習ばっかりしていた自分にヘコミました。

音って、その時の体調や感情がそのまま出るんですよねぇ。
テニスもそうかな。

来週は相模原でマーチングバンドの本番。
こっちは専門だから思いっきりやってこよ。
って言ってると痛い目にあうんだよなぁ。

なんだか今年は楽器を吹く機会が多い。

———————————————————-
■お盆イベント2013はホームページから!■
http://www.sports-zip.com/tennis/news.php#606
———————————————————-
■リアルタイムな情報はFacebookから!「いいね」を押してね!■
https://www.facebook.com/SPORTSZONEZIP
———————————————————-

2013/07/19
から 林コーチ

K(加納コーチ)の意志を継いで…の林!!

DSC_0015.jpg

夜分遅く恐れ入りますこんばんは。スポーツゾーンジップテニスアリーナの林です!!

今月ウィルソンの展示会に行って参りました。

というのも…ウィルソン契約だった加納コーチが退職されまして…林は契約なかったよね♪という流れです♪

というわけで…商品紹介です!!

ラケットは…錦織Kのお願いで…新たに生まれ変わる!!

シューズは…予想以上に…良い♪

ボールは…本気で攻めます!!高体連公認球になりました!!

アパレルは…女性は…黒、ピンク、ホワイトが好き!!(そうなんですか?)

情報が雑ですね♪8月中旬がネット開放なので、ブログに載せると怒られそうなので止めます!!

今月からラケットはウィルソンのスチーム95を使い始めました♪289gと軽量ラケットですが、トップヘビーなので振り抜きが良いです♪

まだ慣れないからかラケットの真ん中に当たってないからか…さっそく!!腱鞘炎になりました♪いずれ使いこなします♪

シューズはアシックス!!っと思っていましたが…ウィルソンのシューズも強かった!!

靴底がつま先にかけてアーチ状(シャチホコみたいになって…)になっており前傾姿勢がとりやすく、足先がコートに食いつくような 感じがします!!軽くてやわらかくフットワークが良くなった気がします♪

ラケットにシューズ!!これからもKの意志を継いで頑張っていきまっしょ!!

2013/07/16
から 平野コーチ

失敗は成功の元

130624_1256~01.jpg

皆さん、こんにちは、平野です。

今年は、例年よりも早く梅雨が明け、テニスコートの上は、既に真夏を感じさせる暑さとなっておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は、確かに暑くて大変だと思うこともありますが、学生の頃の部活動を思い出して爽やかな気持ちになることもあります。

さて、先日まで行われていたウィンブルドン選手権は、マレーとバルトリの優勝で幕を閉じました。
女子のバルトリの優勝は、こう言っては彼女に大変失礼ですが、予想外でした。
ただ、彼女は最後まで攻め続ける選手であり、WTAツアーでも屈指のファイターなので、グランドスラムのタイトルを取っても不思議ではないですし、本命と言われている選手以外の選手が勝った方がテニス界全体にとって良いのではないかという気もします。

男子の決勝戦は、最後までどちらがポイントを取るか分からない良いラリーが続く、中身の濃い試合でしたね。
それだけに、プレー中にもお客さんの歓声や悲鳴が聞こえたことは少し残念でした。
確かに、地元のマレーの初優勝がかかった試合ということでテンションが上がってしまうのも無理ないと思うのですが、格式を重んじるウィンブルドンでの試合ですから、個人的にはもう少し冷静さを保っていただきたかったです。

それから、主審のジャッジが、ホークアイ(←選手がチャレンジ権を行使した際などに、ボールの位置や軌道をコンピューターグラフィックスで再現するシステムのことです。)の判定と食い違う場面が何度もあり、見ていてイライラしてしまった方も少なくないのではないでしょうか。
ホークアイのジャッジも100%正確なわけではない(が、限りなく100%に近いといわれています。)ので、それと異なる主審の判定が全てミスだったとは言い切れないのですが、あれほど何度も食い違うと、やはり主審のジャッジが間違っていたのではないかと思ってしまいますね。
私自身も黙っていられなかったのは、セカンドセットで、ラインアンパイアの判定を覆したオーバールールの結果が、ホークアイの判定と異なっていた場面でした。
皆さんもご存知かもしれませんが、そもそも、オーバールールとは、ラインアンパイアの判定が「明らかに誤り」であった場合にそれを訂正することです。
ですから、際どいボールに対してオーバールールをしたこと自体に疑問を感じました。

しかし、主審も人である以上、ミスをするものですし、初めてウィンブルドンの男子決勝をさばくということで、緊張もされていたのだろうと推測できます。今回、色々な所から批判を浴びることになってしまったかもしれませんが、これを機に、さらに素晴らしい審判になられることを期待したいです。

それでは、皆さん、ごきげんよう!

2013/07/14
から ゴルフ 掘プロ

60周年記念。

小学校の頃の思い出は今でも僕の心の中に少なからず残っています。今も僕の財産です。

今年は、母校が60周年記念を迎え記念式典のイベントの一つとして卒業生のビデオレターを式典の時に放映するそうです。

ビデオレターの撮影を昨日、卒業生代表として行ったのですが、僕にとっても非常に思い入れのある時間で楽しかったです。

自分の母校に30年経った今でも携わることができる今があることに撮影しながら自分は恵まれていると思いました。

僕は30周年記念の卒業生ですが、90周年記念も携わることができれば最高の幸せです。