2018/04/18
から フロント川田

未だ克服できないこと

私、未だ花粉と戦っています。
こんばんは、ジップゴルフアリーナの川田です。

今までスギ花粉にやられていましたが、今年はどうやらアントニオヒノキの飛散量も凄い様で・・・。

あまりにも目がかゆく、一度かいたらやめられない。
かゆい、かゆい、あーかゆい。
目をかきむしったせいで充血してしまい、更に痛みまで。

眼科に行き、受付で「かゆみと痛み、目やにが、」言いかけたとたんに隔離され、パパッと検査で結膜炎の称号を手に入れました。

その日から2種類の目薬を1日4回、必ずという指導を受けて帰りました。

あ~どうしよ~。

目薬、超下手なんです。

ジップ目が細いランキングで2位の私は、目薬が入らない。
ぼたぼた垂らして顔は号泣したかのよう。

そして、冒頭の写真。
だいたい洋服が濡れます。

小さい容器に入った目薬がどんどんなくなります。
通常の5倍の速さで減っている気がします。
費用対効果なし。

何とか目薬を使い切る前に良くなって欲しいものです。

 

ちなみにジップ目が細いランキングぶっちぎりの1位は前田(朋)コーチです。

 

2018/04/18
から フロント神林

朝ドラにはまる。

こんにちは、テニスアリーナの神林です。

最近、ものすごーく久しぶりに朝ドラにはまりました。

今年は永野芽郁ちゃん主演の「半分、青い。」ですね。

何気なくNHKをつけていたらたまたまやっていて、なんとなく見ていただけなんですが、15分しかないからどうしても次が気になる。で、ついつい次も次もって見ていたら、まんまとはまってしまいました。

今回は珍しく?、少女マンガの青春ラブストーリーっぽい雰囲気で(たぶん今のところそういうシーンなだけなのかもですが)、朝ドラでは少し珍しいなと思っていたら、脚本が北川悦吏子でした。

北川悦吏子といえば、あすなろ白書とかロングバケーションとか昔から大ヒット恋愛ドラマを作り続けてきた脚本家です!

「恋愛の神様」と呼ばれているらしいです!

私も大好きでした。

子どもの頃はよくドラマを見ていて、ほとんどの北川悦吏子ラブストーリーにはまってきましたが、やはり大人になっても変わらないもんですね。

もうがっちり心つかまれています♡

ちなみに「半分、青い。」は岐阜が舞台になっていて、実在の商店街でロケをしていたようです。

この商店街のあたりは城下町で観光地でもあるらしいので、ロケ地巡りとかも人気がでるかもしれないですね!

大ヒットした映画「君の名は」も岐阜が舞台で、ロケ地巡りが大人気だったようです!

にわかに岐阜が熱いです。

でも私は北川ストーリーにはまります。

ずっと録画予約していたけれど、最近朝8時に目が覚めるようになりました。

恐るべし北川魔力。