2018/05/17
から 磯田コーチ

秘密兵器登場

みなさんこんばんは!磯田です。

今日のブログはチームジップのコーチ紹介とお伝えしておりましたが実業団について書きたいと思います。

10部からスタートした実業団も順当に勝ち上がり今回は7部リーグに参戦しました。今春は男子450チーム、女子138チームが出場しており男子の内訳は10部146チーム、9部74チーム、8部79チーム、7部39チーム、6部~2部20チーム、1部12チームとなっています。そして4/28(土)、29(日)、30(祝月)、5/13(日)にリーグ戦が行われ皆さまの応援もあり全勝することが出来ました。たくさんのご声援ありがとうございました。次の秋季リーグも頑張ります!!とその前に!?

まだ今回の春季リーグは終わっていません。ジップテニスアリーナは7部その4のBブロック1位となり5/27(日)ゆうぽうと世田谷レクセンターにて7部その4のAブロック2位チームと対戦し勝つと6部に昇格となるプレーオフが残っています。チーム一丸となって戦い平山コーチ、小山内コーチの0-6、0-4から巻き返したあの伝説やジップの最終兵器である荒井コーチの活躍も含め、何より皆さまからいただいた多くの声援が・・・何としても勝たなければと思っています。今回プレーオフを戦うメンバーを磯田視点で紹介したいと思います。

シングルス№1 『不動のエース』

前田コーチ(写真右下)

正確無比の配球は軸がぶれていない証拠です。ゆったりしたフォームから繰り出されるあのボールは凄いんです。オールラウンドに戦えますがカウンターがえげつないです。彼の試合を観ていると相手を応援したくなるくらいミスが少なく正にお手本ですね。これからも頼みます。

ダブルス№1 『ふむふむ』

磯田・清水コーチ(写真上)

清水コーチは天才です。何でも出来ちゃいます。憧れの存在です。自分のパターンに誘導するのが上手く気が付くと無理させられて慣れたと思ったらギアを上げて試合巧者ですね。僕は自分で言うのも変ですが、、、うまくいかないことの方が多いですけど試合中は色々考えています。皆考えていると思いますが相手の立ち位置やグリップ、目線とか大事な時にきっちりポイントを取るために布石を打っておいたり相手が今何を考えているのか等々。キープキープで試合が進んだ場合、相手のサービスゲームをどこでブレークするのがより効果的なのか。どこでギアを上げていくのか、、、なんてことを考えています。うまくいかないからこそ面白いです。そんなことより目の前の1ポイント1ポイントを全力でと言われますが清水コーチよろしくね!

シングルス№2 『秘密兵器』

越川コーチ(写真左下)

秘密のままにしておきたかったんですが遂に!?

 

色々書きましたがジップを代表し4人で戦ってきます。相手もどんどん強くなってきていますが高みを目指し日々精進していきます。試合の出場によってレッスンを代行になったりレンタルやイベントにも影響があったりしている中で皆さまのご理解、ご協力そして温かいご声援に改めて感謝申し上げます。

これからも応援よろしくお願いいたします!

2018/05/17
から 池田コーチ

錦織、またやった!

お久しぶりです。テニスコーチの池田です。

BNLイタリア国際(レッドクレー)二回戦で、現在世界ランキング24位の錦織圭が、4位のグレゴリーディミトロフを6-7(4-7),7-5,6-4の大逆転で破りました!

第1セットは5-3で錦織のサービングフォーザセットをブレークされ、タイブレークもリードしたところから5ポイント連取されて取られるという厳しい展開、第2第3セットも先にブレークされたのをブレークバックするというとてもタフな内容での勝利でした。これは手首の手術の影響がほぼ無くなり、全盛期のレベルに戻ったといっていいと思います。

全仏オープンが28日から開幕しますが、超期待しちゃいますね!皆さん応援よろしくお願いいたします!