2010/09/10
から 研郎コーチ

PLAY&STAY!!

SN3P005900010001.jpg SN3P00610001.jpg

皆さんこんにちは、研郎です。
一週間が過ぎるのって早いですね〜、もう週末ですね。

さて、今日は先日行ったコーチ研修会についてご紹介させて頂きます。9月6(月)〜7(火)と公認スポーツ指導者講師全国研修会という名目で赤羽にあるナショナルトレーニングセンター(NTC)に行かせて頂きました。
NTCとはスポーツ振興基本計画に基づき日本のトップレベル競技者の国際競技力の向上を目的に設立された施設の事です(難しいですよね・・・)。簡単に言うと、日の丸を背負った(日本代表)各競技団体の選手達が日夜トレーニングに励む施設です。テニスでも錦織圭選手やクルム伊達公子選手が利用しています。

僕が行った日は世界選手権に向けた柔道の選手達が練習しており、篠原監督や塚田真希選手、取材で訪れていたスポルトの三宅キャスターと偶然遭遇しました。柔道の選手はテレビのまんまの印象でと〜っても大きかったです。

では、本題に。皆さんPLAY&STAYって言葉を知っていますか? もし知っている、若しくは聞いたことある方がいればかなりのテニス通ですよ!

PLAY&STAYとはITF(国際テニス連盟)が推奨する子供向けのテニスの指導法の事です。PLAY&STAYとは子供の年齢・体格に合わせた適正なコートサイズ・ボール・ラケットを世界基準で定める事により、スムースにテニスのレベルアップを出来る様にしようというものです。又、ショットを習得した延長にゲーム(試合)があるのでは無く最初からゲームを楽しもうという事が大きな特徴です(低いネット・小さなコート・柔らかいボールの為始めたばかりの子供達も容易にプレーする事が出来ます)。サッカーでいうフットサル・バスケでいうミニバスケ・野球でいう三角ベースと同じで縮小したテニスと捉えて頂ければ簡単だと思います。PLAY&STAYの語源は「テニスをプレーして、そこにとどまる(辞めずに)」という意味です。

ZIPでもより多くの子供達にテニスの楽しさを伝える事を目的に、今後PLAY&STAYを導入する方向で準備をしています。又この内容だけでは伝わらない事が多くあると思いますので、導入に際しては子供達・保護者の方によりPLAY&STAYを分かりやすく理解してもらうイベントも考えています。
↓興味ある方は是非見て下さい↓ http://tennisplayandstay.jp/

楽しみにしていて下さいね!!

それでは、又来週〜。急に冷え込んでいるので皆様体調に気を付けて下さい。

添付写真はNTC内のテニスコート(ハードコートが2面・全仏でお馴染みのレッドクレーが2面あります)での一枚と、入口前にて五校のイベントでお馴染みのSinpo(新豊)テニスリゾートの浜中オーナー(中央)とジュエインドアの本川ヘッドコーチ(左)との一枚です。