2014/01/28
から 平野コーチ

プロフェッショナル

140103_0220~01

皆さん、こんにちは、平野です。
本年もよろしくお願い致します。
と、言っているうちに、なんということでしょう、全豪オープンが終わり、もうすぐ1月も終わってしまいます。

今年の全豪オープンは、女子がリー・ナ、男子がバブリンカの優勝で幕を閉じましたね。
リー・ナは現在31歳で、今回の優勝は全豪オープンでの最年長記録だそうです。
若手の選手が次々と出てくる中で、ベテランが活躍してくれると、個人的には嬉しくなります。
「自分もまだまだ頑張れる!」という気持ちになれるからだと思います。
バブリンカは、グランドスラム初優勝ですね。
バブリンカは、過去にこのブログでも書いたように、ジョコビッチと互角のラリーができる技術があり、また、精神力が強い選手だと分析していたので、いつグランドスラムで優勝してもおかしくないと思っていました。
今回の優勝で自信をつけて、今後さらに活躍するかもしれないですね。

そして、男子の決勝戦では、敗れたナダルの涙が印象的でした。
ナダルは試合中に腰を痛め、バブリンカと対等に試合ができる状態ではなかったのですが、リタイヤすることなく最後まで試合を続けました。
それは、応援してくれているファンのためであり、試合後の涙も、不甲斐ないプレーをしてしまい、ファンに対して申し訳ないという気持ちから流れたものだったと想像します。
そんなナダルを見て、やはり彼は本物のプロフェッショナルプレーヤーだと感じました。

さて、暦の上ではまだまだ冬ですが、本日28日は少しだけ春の匂いがしました。
これからは、寒い日と暖かい日が交互にやってくるそうなので、皆さんも体調を崩されないように気を付けてください。

それでは、今回はこの辺りで失礼致します。
皆さん、ごきげんよう!