2014/05/15
から 研郎コーチ

『9th』

皆さん、こんにちは。研郎です。

錦織がやってくれましたね!!

研郎 ブログ 5.15 画像①

4月のバルセロナオープンで優勝、先週のマドリッド・マスターズでは準優勝し、世界ランクを自己最高の『9位』に付けました。この快挙は2004年にタイのパラドン・スリチャパンが記録したアジア人最高位と並ぶランキングで、今まさに錦織は日本のみならずアジアを牽引する存在となった証明でもあります。

決勝に進出したマドリッド・マスターズは4大大会に次ぐ規模の大会であり、今回の活躍で世界のメディアが改めて錦織の実力を賞賛しています。錦織本人も予てから「世界ランクトップ10に入る事が目標では無く、トップ10にいつづける事が大切」と話しており、今後は2014年の最終ランクでどの位置にいるかを見据えていると思います。

今回の活躍の陰には2014年から師事しているマイケル・チャンコーチの存在が非常に大きく、年明けからチャンの地元カリフォルニアで相当ハードな練習を積み上げ技術的・精神的に1ランク上にレベルアップしました。特にストロークのパワー・精度が良くなったと錦織本人も言っています。

研郎 ブログ 5.15 画像②

しかし、やはり気になるのは怪我が多い事。マドリッド・マスターズ決勝のナダル戦でも6-2 4-2と赤土の絶対王者を追い詰めますが、試合前から痛めていた腰・臀部の故障によりそこから7ゲームを連取され、3rd 0-3の時点で棄権を決断しました。現在も歩くことも困難な様で25日開幕の全仏オープンの出場が危ぶまれています。

テニスファンにとっては錦織の一日も早い回復を願うばかりで、近い将来現実となりそうな日本人としての『グランドスラム優勝・世界ランクNo.1』に期待をかけずにはいられないですね!!

ガンバレ 圭!

それでは、皆さんHave a nice day (^^)