$500million

皆さんこんにちは、研郎です(^^)

研郎ブログ①

今日は錦織選手のマドリッドでの活躍や、間もなくスタートする全仏オープンの話題はちょっと脇に置いて、先日行われた『ボクシング・世紀の一戦 メイウェザー vs パッキャオ』のイベントについて紹介したいと思います!

と言っても僕はボクシングを語る程詳しくは無く、正直決して好きなスポーツでは無かったのですが、興業収益$500million(約590億円)のイベントってどんなもんじゃいと、ミーハー色全開でTV前にスタンバイ(≧∇≦)。「お菓子でも食べながらのんびり見よ~かな~」と思っていましたが、試合がスタートするとめちゃくちゃ面白く、全12Rを夢中になってTVに噛り付いちゃいました! と言うかボクシングファンになっちゃいました。

研郎ブログ②

事前知識が無く、解説者のコメントで様々な事を知りましたが、メイウェザーが38歳・パッキャオは36歳という年齢にも驚愕しました。凄いな、この二人!・・・と。

研郎ブログ③

そして、試合が進むにつれ「んっ、これは何かに似ていないか。攻めたり・守ったり・フットワークが大切だったり・3分でゴングが鳴りチェンジコート見たいのがあったり」「あっ、ボクシングって、テニスそっくりだ」と感じました。勝ったメイウェザーは決して無茶な攻撃はしないけど、相手を良く観察して効果的にパンチを繰り出し続け、3-0の判定で勝利。判定結果には様々な論調があった様ですが(肩の怪我をおして出場したパッキャオは集団訴訟を起こされている模様)、僕は明らかにメイウェザーの方が上手だった様に感じました。パッキャオのボクシングも見ていてとっても面白く、流石フィリピンの英雄と言われる『魂』は素人目にも感じました。ボンコーチにも若干似てる! 笑

研郎ブログ④

それにしても2人のファイトマネー総額が250億円以上・跳ね上がったリングサイドの観戦チケットは4800万円と言われ(アガシ・グラフ夫妻を発見)、過去に全世界プロスポーツ選手の長者番付1位・2位がメイウェザー・パッキャオであった事も頷けました。

他のスポーツを見る大切さを感じた今日この頃です(^^)

それでは、皆さん
Have a nice day !!!

コメントは受け付けていません。