今回の全米オープンについての所感、、、

お久しぶりです。

実業団の試合に出させていただき、久しぶりに日焼けした池田です!

 

全米オープンは、女子は何と19歳がセレナを倒して優勝!

男子はナダルが優勝でしたが、試合はファイナルセットまでもつれ込みました。相手は23歳のロシア人、メドヴェデフ(メドベージェフとも言います。)でした。

 

実は、池田はこの長身の選手にかなり以前から目を付けていました。

そのきっかけとなったのはATPツアー大会の決勝戦で、錦織選手とメドヴェデフ選手の対戦でした。

結果は錦織選手が優勝してくれましたが、ボールの勢いは完全に押し込まれていました。

グリップはほぼイースタングリップで球種はフラット。だからボールが速い速い!しかも2メートル近い長身からのビッグサーブ、更に時折ダブルファースト(攻撃的なファーストサービスをフォルトしても、ダブルフォルトを恐れずにセカンドサービスも攻撃的なサービスを打つ事。)!!もちろん手足も長いので、かなり振り回されてもほとんどエースを取られない!そして、打つコースもコート全体を広く使っていて、深いボールだけでなくアングルショットも安定している、、、、要するに天才的なんです。この方は。

近い将来、絶対1位になると思います!!

 

 

コメントは受け付けていません。